生産性向上!?サクラエディタのすすめ【第一弾】

なよじです。

 

皆さん、突然ですがテキストエディタは何を使っていますか?

メモ帳だよ~って方は、正直かなり損をしています。

そもそもメモ帳だと、「Ctrl+z」で1回分しか戻せません。すぐ、乗り換えましょう!

 

じゃあ何にかえるの?って話ですが、

私のおすすめのテキストエディタは「サクラエディタ」です!ほんとにおすすめです(^ー^♪

特にエクセルを組み合わせると、同じパターンの文字列が一気に作れたりします。

おすすめポイントと、実際の使い方をお伝えします(^^

 

サクラエディタのおすすめポイント

こ~~~んなおすすめポイントがあります!!特に太字の部分が一押しポイントです。

 

  • 多様なフォーマットに対応
  • 重いファイルも開ける
  • 矩形選択/貼り付け
  • 高機能な文字列置き換え
  • GREP検索機能

 

一つずつ書いていきます(^^♪

多様なフォーマットに対応

これはプログラミングをしない人にはあまり関係ないかもしれませんが

めっちゃ綺麗に表示してくれます。

行番号がついていたりと、何かと便利です♪

ちなみに「Ctrl+j」を押すと、指定の行に移動もできます^-^

 

重いファイルも開ける!!

何百メガバイトもあるファイルを開くことは、普通に生活していたらそうそうないと思いますが、

SEをしているとたま~に出くわします。大体が、プログラムの不具合が発生して、膨大なログを解析するときとかですが・・。

メモ帳だとなぜか重くて開けないんですが、サクラエディタだと開けることが多いです。

 

矩形選択/貼り付け

矩形選択って聞いたことない方もいらっしゃるかもしれません。

マウスでドラッグアンドドロップしたり、Shiftキーを押しながら矢印でカーソルを移動すると、文字列が選択できますよね。

その文字列の選択の仕方の種類です。例を見てもらえると一発でわかるかと思います。

普通と違って、四角形に選択できるのが矩形選択です(^^♪

矩形選択のやりかたですが・・・

 

「Alt」キーを押しながら、マウスでドラッグアンドドロップしたり、矢印でカーソルを移動すると矩形選択ができます!!

 

矩形選択を使えばさっきの例のように、欲しいもののリストがテキストであるんだけど、実際に欲しいもんだけコピペしたいんだよな~って時に、

一発で全部コピーできます!

しかも、矩形選択してコピー(Ctrl+c)したものは、張り付け(Ctrl+v)したときに、矩形のまま張り付きます!

どういうことかというと・・・

何となくわかると思いますが、「」の間にカーソルを合わせて、先ほどの矩形選択した6行を張り付けると・・・

こうなるわけなんです♪

工夫次第で文字列の加工がすごくやりやすくなります(^-^♪

 

高機能な文字列置き換え

メモ帳ではCtrl+h、サクラエディタではCtr+rを押すと、文字列の置き換え画面が出ます!

サクラエディタのほうがいろいろオプションがあります

今回はこのオプションについては触れません!

この中で強力なのは、「正規表現」です。文字列のパターンの表現方法で、凝った検索ができます!

正規表現については詳しくは述べませんm(__m)

例を出してみるので、興味があったら勉強してみてください♪

 

エクセルとサクラエディタを組み合わせる(実践)

ってことで、置換を使った例です^^

まずエクセルで

 

こんな感じに入力します。で、選択した状態でコピーして、サクラエディタに張り付けましょう!

すると、こんな感じで、列がタブ区切りでコピペされます。(サクラエディタでグレーの^はタブ文字って意味になります。普通の空白と区別できてGOOD!)

後はこれを置き換えてみましょう。

置き換え対象

^(.*)\t(.*)\t(.*)$

置き換え文字

<tr>\r\n <td>$1</td>\r\n <td>$2</td>\r\n <td>$3</td>\r\n</tr>

検索画面はこんな感じになりますねえ!

正規表現をチェックするのをお忘れなく~。で「すべて置換」をクリック!その結果がこんな感じ!

 

 

なんか・・・使える気がしませんか・・・?

エクセルとサクラエディタを組み合わせる(解説)

それでは、解説~~~!
まずは置き換え対象
^(.*)\t(.*)\t(.*)$
は、正規表現であらわされた文字列のパターンです!
一個一個ひも解くと、
  1. ^は「文頭」を表します。
  2. .は「任意の1文字」を表します。
  3. *は「1つ前の文字の繰り返し」を意味します。
  4. \tは「タブ文字」を表します。
  5. $は「文末」を表します。
  6. ()でくくると、ヒットした文字を置き換えで利用できます。

って意味になります!

要は、「(文字列)タブ(文字列)タブ(文字列)」を表しています(^-^♪

エクセルからコピペした形式がまさにこの形式になってます(^^

 

で!タブとタブの間の文字列(.*のこと)を括弧でくくっているので、

前から順に$1、$2、$3で取り出せるってわけですね~

次に置き換え文字

<tr>\r\n <td>$1</td>\r\n <td>$2</td>\r\n <td>$3</td>\r\n</tr>

について、$1、$2、$3はヒットした文字です。

後謎なのは\r\nですよね!これは「改行」を表します。

魔法の言葉と思ってください(^^

当然、\tでタブ文字になったりもします。

GREP検索機能

Ctrl+gを押すと、Grep検索画面がでます。

この機能を使うと何ができるかというと

  • フォルダ(O)に指定したフォルダの中の
  • ファイル(T)に指定したファイル名のうち
  • 条件(N)が含まれる行を検索する

という機能です!すごいですよね~

 

サブフォルダからも検索する(S)にチェックを入れると、どんどんフォルダを潜って検索してくれます。

 

上の画像の設定では、C:\blog以下のフォルダにあるテキストファイルから「aaa」という文字列を探してくれます。

実行した結果が↓

 

しっかり探してくれます!ちなみに検索結果の行をダブルクリックすると、ファイルを開いてヒットした箇所にカーソルがあたります!!

 

たとえば、今までつくったhtmlファイルやテキストファイルから参考にしたいものを調べるときとか、

一番上のフォルダでザックリ検索できるので超便利ですよ♪

 

 

 

サクラエディタは工夫すればするだけ仕事の生産性が上がりますので、ぜひ使ってみてください!

なよじはタスクバーにサクラエディタを固定表示させているくらい使っています^^何かあったらサクラエディタを開く!

サクラエディタを開いた状態でCtrl+nを押すと新規ウィンドウが立ち上がるのでそれもご利用ください。

気づいたら使いすぎて(無題)ってタイトルの画面が10個とかになってます(笑)

 

次回はもっと実践編を書こうと思います(^^

最新情報をチェックしよう!